<< 三明寺 | main | 寒い日が続きますね〜 >>
清田の大樟 (記 nobuyuki
随分久しぶりの投稿です。
スタッフのナオミが頑張っているので静観していましたが
忘れ去られてはいけないので、書きました。

今、興味を持っているのが“木”
先日、砥鹿神社のケヤキをナオミが紹介しましたが、
今日は“清田の大樟”(せいだのおおぐす) 樹齢千年を超える巨木
樹齢千年。清田の大樟

場所は蒲郡、東名音羽インターから南に向かうオレンジロードを南下、
清田トンネルを抜けて、1.5km上大内交差点を右折し、473号線を渡ったところに案内がある。

お腹が出っ張った、メタボ親爺のような容姿がとても可愛いが、近づくにしたがい巨大さに圧倒される。動物では考えられない長い時間を生き続けた奇跡。畏敬の念を感じる。
この木が作る空気と空間が何とも言えない感動を与えてくれるので、皆さん一見の価値有り。
仕事に、家事に疲れたとき癒しに行かれる良いですよ。
大樟の説明看板
書いたスタッフ名:ノブユキ | 21:05 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
久しぶりの投稿に驚きました!w( ̄Д ̄;)wワオッ!!
これからもどんどん書いて下さいませ。
やっぱり、人が書いたモノを読むのは楽しいです!

『巨木』いいですね〜^^
トトロに出てきそうな大樟、一度拝見したいですね。

大きなお腹に触って“パワー&癒し”をもらってこよう。

スタンダードを踊っている時の紳行先生のお腹のようだヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

下手な事を言うとレッスンが厳しくなるのでこのへんで。

おやすみなさい〜♪(⌒∇⌒)ノ""フリフリ
| ナオミ | 2010/03/21 10:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック